めくるめく古の鏡筒たち その6(COSINA Carl Zeiss Planar T*1.4/50 ZK) -明日のカメラとレンズと掴む腕 –

執筆者:青狐

――いけますって!ちょっとのお金と明日のレンズさえあれば!

はじめに

 このブログで書き始めてから、今、改めて感じる。

 人の欲望は際限がないのだ。

 どこまで行っても、何を持っても決してその購入の手を緩めない。次はあのレンズでアレを撮ってみたい…その次はこの機材でこのシチュエーションで撮りたい…その次はこの場所であの人と…。沼人はある種の心の闇を抱えた(暗黒微笑)、探究者なのかもしれない。しかし、世界一の腕力家も言っているように、強くなりたくば喰らえ、と。喰らって喰らって喰らい尽くせッ、と。それでもなお「足りぬ」レンズを探して、筆者のような沼人は深く深く、沈んでいくのである。力みなくして開放のカタルシスはありえねェのである。

 今回紹介するものは、まさにそうした「足りぬ」レンズというカテゴリに入ると思う。また、その中でも、実は今回のは結構今まで話題に出すのを避けてきたレンズだと考える。その理由は極めてシンプル。もう「使っている満足度が違う」、という言葉以上の表現が難しいためである。適切な例えになるかわからないが、例えば、めちゃくちゃ綺麗なオーケストラを鑑賞したとき、きっとそれは「まるで○○のような△△で…」とか「○○の宝石箱や~」とかという言葉で表現をすることが多いだろう。しかしその言葉はそのモノの本質なのか?もう少し具体的に言えば、いちいちクラリネットのどこそこのパートが、とか、チェロとコントラバスの云々、と、説明をすることでその感動をきちんと伝えられるだろうか。おそらく、そうした場合はもはや「雄弁」である、という以上の説明は野暮であると思う。

 筆者は、とくにこうした感想、レビューを書くとき、常に自問自答するわけである。その表現が果たしてその本質を説明しているのだろうか、と。相変わらず冗長な前置きを書いたが、とにかくこのレンズは筆者にとっては難しい。ではなぜあえてそんなものにチャレンジするのか。

 沼人は助け合いでしょ!

 今回は、この言葉以外の説明はもはや必要ないだろう。

機材紹介

 Planar。

 ドイツ語のPlan(プラーン)、即ち平坦を意味するこの単語を由来に持つ、像面湾曲や歪曲収差を抑えたことをその名称に入れ込んだという。巷ではこのレンズにつき、空気を写す、だとか、ツァイスは神話、だとか、アニメじゃない、ホントのコトが語られている。まずはいつも通り外観から。

ある種の到達点
大きさはコンパクトだがレンズがぎっしり詰まっていて重い

 造形がもはや素晴らしい。実際、手に持ってみるとわかるのだが、冷たさと豪奢さが同居している感覚が掌を通じ脳髄まで達する。落としてはいけない、という緊張感も相まって、手から離すのを躊躇ってしまう。

対応マウント Kマウント (KマウントはKingのK)

フォーカス MF

レンズ構成 6群7枚

最短撮影距離 45.0cm

開放F値 F1.4~16

フィルター径 58mm

重さ 380g

前回 と同様、同じようなスペックを持つ、Super Takumar 50mm f1.4より、一回り大きいレンズ。また、Yashinon DXと同じくらいの大きさだが、作られた時代が新しい分、レンズの質感自体はPlanar ZKに軍配が上がる気がする。

付属のフードを外す
レンズの透明度が高くて吸い込まれそうだァ…と感じるのは沼人の証拠

 このレンズは、気前がいいのかわからないが、初めから付属のフードが付いている。使わないときはこうして裏側にくっつけてもいいし、何だったら外してもいい。自由だ。とはいえ、なぜ付ける必要があったのかを考えるに、実は結構ゴーストが出てくるのである。そのため…ということも考えられるが、やっぱりフードが付いていた方がなんかカッコいい…カッコよくない?(確認)

 相変わらず察しの良い読者の皆様は、今回もまた、「このレンズを紹介する理由が見えてこない」、ということを思い始めるかもしれない。それもそのはず、ちょっと口径の大きい標準レンズ、と表現してしまえばこのレンズはそれで終了なのだから、と邪推なさる諸兄諸姉もおられると思う。だが、それは一度使ってみてから改めて同じことが言えるか、といえば答えはNOだと思う。

シチュエーション別作例

 今回は、複数の場面から撮影を実施。日陰、逆光、と順光の分はあまり多くはない。ただ、被写体の方のプライバシーに配慮しここにはアップロードしないが、これで撮るポートレートはもはや別次元だったことを付け加えておきたい。

イルミネーション

玉ボケとなっている背景光源の輪郭がはっきり出ている

 以前、このシリーズで玉ボケするレンズを紹介していたと思うが、それとはまた違う、もう少し言えばより玉ボケの一つひとつがはっきりしている、見る人によればうるさく見えてしまうくらい。とはいえ、開放もf1.4と大きいことから、この手のシチュエーションにはぜひ持っていきたい一本。

開放で花を撮る。なぜだか植物を撮るときは心が落ち着いていい

 もちろん、このように立体感のある描写もできる。右下の紫の花に着目すると、奥に行けば行くほど光源の玉ボケが徐々に大きくなっていく。ボケの量が半端じゃない。また、これは筆者の力量の問題だが、開放でのピントがやや薄いのか黄色の花の手前に合焦している。あとは発色。のちの作例でも見られる通り、色の階調が柔らかく出ている(気がする)。

日陰

絞ってもヌケる。紅葉した葉の発色がもう異次元。もちろん未加工
シルエット的な紅葉
流れる水がぬるぬる動いている…?

 正直こんなに写るとは思わなかった。これ以上はもう言葉を持ち合わせていない。

フィルム、逆光

開放の逆光。白飛びするかなぁと思ったけど意外と残った
冬の寂寞感
日が沈んだあと

 当然、青狐を名乗る以上、現在のフラグシップ機械式一眼レフカメラ、PENTAX LXにこのレンズを合わせない訳がない。これは、晴海埠頭を撮りに行こうという突発オフにて撮影した。LXは現役である。

 フィルムでの質感はやはり筆者は好きだ。このノスタルジーがあふれるテクスチャは、今はもうそこにない時間を感じられて大変よい。ファインダーで覗いた時は、ゴーストもたくさん出ていて心が躍ったが、現像してみるとそれらが写りこんでおらず、むしろフレアたっぷりの意外とふんわりした仕上がりとなった。ちなみに、この時何枚かポートレートも撮った。光源を入れることにより、2000年代に販売されたレンズであるが、なぜかタイムスリップしてきたかのような写りをした。それでいて立体感もあり…と、言葉での説明のみではいまいち伝わらない。

 これから先は、皆様の目で確かめてくれ!(ファミ通)

 このレンズが発売されたのは2006、7年頃だが、まだデジタル一眼の黎明期、というべきか、この時代にはK-1(Kマウントのフルサイズデジタル一眼)は出ていないはずなので、APS-Cのデジタルしかない中でフルサイズ対応のこのレンズを出したということは、やはり運用の前提はフィルムカメラ、LXだったのだろうか?

入手例

 中古市場で見つかったらラッキー、なレベルでほとんど見かけない。あってもべらぼうに高い。筆者は、自分の中の欲望の器が空になった際勝手に紫色のメダルが入ってきて、気が付いたら手に入っていた。

 とはいえ、このレンズ、どちらかと言えばずーっとデジタルカメラ用レンズを使ってきた人にこそハマるのではなかろうかと思う。便利なAF機能もないし、フレアもゴーストもたまに出る。それでもなぜか使いたくなる。古(いにしえ)のフォトグラファーでは誰もが経験した不自由を楽しみたくなる、そんなレンズ。

 個人的には、是非ゆるふわなポートレートフォトを目指している方に強く勧めたい。この間のYashinon 、Takumarよりもデジタルで使っても精緻な描写をするし、逆光性能も高い。大口径なのでシーンを選ばず、シチュエーション対応力も高い。ただ、残念ながらその希少性(とくにKマウント)から、中古市場における値段も高い。まさに禁断の力。プトティラである。裏を返せば、先に述べたように、このレンズはある意味ひとつの到達点であり、他のものを買う必要がなくなるくらい。ある意味これを一番最初に選んだ方が、トータルのコスト、もとい投資額が少なくなるだけでなく、その分写真撮影に打ち込める時間が増えるため、結果として得をする、という論理構成も可能である。

 総評すると、素人ながら、高いだけの性能は当然持ち合わせたレンズだというのは間違いないと思う。しかしながら、これが販売された当時の多くのペンタキシアンはなぜかこのレンズを購入(救出)することはなかった。あっ、おい待てィ(江戸っ子)、そもそもペンタキシアンの絶対数が少ないとかいうのは心に刺さるからNG。そのため市場における流通量も相当限定的で、その希少性ゆえに現在ものすごく高くなっている、というわけだ。当然これを読む諸兄諸姉はもうすでにお持ちだと思うが、なにせKマウント。おお神々(サードパーティ)よ、なぜKを見捨てられたのですか。

おわりに

 相変わらず拙文ゆえ、公開まで時間がかかってしまった。

 そもそも、今回の題材であるPlanar 50mm f1.4 ZKはオールドレンズなのか、ということで、このタイトルに即しているかどうか、というところから自己検証していたのだ。オールドレンズの定義は云々、と、恐らく食いついてくるであろう沼人がいるのではないか、ていうか2000年代ってもう「オールド」に分類していいのかよ…とか思いながら悶々としていたが、結局公開に乗り出せたのは、まぁもう売ってないし…という安易な考えと、東映特撮ファン大賞2020で大賞に選ばれたことが記憶に新しい、平成仮面ライダー第12作目の主人公が、「手が届くのに、手を伸ばさなかったら死ぬほど後悔する。それがいやだから手を伸ばすんだ。」という台詞が、妙に刺さったからだ。

 沼人は、助け合いだと思う。自分が知っている情報をそのままにする、というのはひとつの戦略かもしれない。だが、やはり自分が良いと思ったことは他の沼人の皆様にも共有して、さらに他の沼人の持つ欲望を満たして差し上げたい。そして同志を増やして、手を伸ばしていきたい。拙い言葉でも、これがあるから執筆活動がやめられないのだ。そして全然関係ないけど、『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』の公開日が2022年3月12日に決定している。やったぜ。

 あちこち行ったけど、楽して買えるレンズがないのは、どこも一緒だな!

 レンズは、あなたを深みへ誘う。

 どうかよいカメラライフでありますように。

「めくるめく古の鏡筒たち」シリーズは他にもありますので、こちらもぜひ合わせてご覧くださいませ。

コメント

  1. […] めくるめく古の鏡筒たち その6(COSINA Carl Zeiss Planar T*1.4/50 ZK) -明日のカメラとレンズと掴む腕 – […]

  2. […] そもそも、今回の題材であるUltron 40mm F2 SL IIはオールドレンズなのか、という前回と同じ問題があった。これも平成に出たマニュアルレンズだし、なんだったらちゃんとCPUも入っている […]

  3. […] 続いてプラナーの作例。レンズの差、という話をしだすとここでは到底書ききれないので割愛するけれども、今回比較として同じ焦点距離を持つレンズを採用した。合焦部分の解像度は […]

タイトルとURLをコピーしました