NONS SL42 Mark Ⅱ-チェキが好きだと叫びたい-

執筆者:青狐

――左手はそえるだけ…

はじめに

チェキ(インスタックスフィルム)で撮る写真は、読者諸兄諸姉のご認識の通り、いわゆる35㎜フィルムでも、デジタルでも出せない、なんとなく独特な雰囲気で世界を写し出せるシロモノであると筆者も考える。

最近でもinstax miniシリーズやinstax evoといったように、どんどん本家本元が新しい機種を出している。いずれも名器だし、アウトプットも非常に素晴らしい。なんだったらevoは下手なプリンターよりもよほど高性能な印刷もできる。

とはいえ、やっぱり考える。私の持っているあのレンズで、もし撮れたら…。もう少し望遠に、マクロに、広角にできないだろうか。筆者は再三申し上げているように、人の持つ自分自身の好奇心という名の欲望には、誰も抗えない。

今回は、そんな純粋な気持ちを見事具現化したカメラを紹介しようと思う。カメラだけ見つめてる、出会った日からいまでもずっとという勢いで本当に作りこんだんじゃあないかと思うくらい、機能面としては光るものを感じる。

機能および外観

黒のボディにNONS特製エクステンダーとPKマウントアダプターを装着。

機能、スペック面については、前回前々回で触れているのであえて省略。

筆者はご存じの通り、ペンタックスがとても好きだ。初めてデジタル一眼を手に入れてから(追加はあれど)ずーっとマウント変更なく、一筋にK(およびM42)マウントを収集してきた。上述の心の声は、まさしく筆者の心の中の叫びなのだけれども、どんな写りをするのだろうという興味は尽きなかった。

なので、入手するなり早速ボディにマウントアダプターを装着し、いざ…というところで、嫌な手ごたえを感じた。なぜ回しているのに奥まで行かない?なんだ。この嫌な胸騒ぎは…と思い冷静に手元を見る。

Kマウント特有の絞り値連動レバー

どうやら、NONS本体のシャッター部分とこの絞り値連動レバーが干渉していたようで、そのままでは着けられなかった。花道のようにムキになって着けていたらと思うと冷や汗が出てきた。そこでエクステンダーを装着することでカチリと小気味いい音が鳴って、無事に装着ができた。

公式HPでも、以下のような文言がある。

* PKレンズは、NONSフォーマットエクステンダー(レンズ+PKアダプター+NFE + SL42)にのみ取り付けることができます。 PKレンズのアパーチャレバーはシャッターモジュールと干渉するため、カメラ本体(レンズ+PKアダプター+SL42)には装着できません。

https://nonscamera.com/ja/products/preorder-nons-sl42-mk2-with-nfe

筆者はこれを見ずに着けようとしていたのだ。実は結構長い間試行錯誤していたのはここだけの話。

なぜオレはあんなムダな時間を…

試しにプラナー君を装着。デカい。

なんとか装着し終えたところ。Kマウントレンズの中でも、比較的画質の良いサードパーティーを着けたいという気持ちに駆られたので、プラナーを選択。本体のデカさとレンズの持つ強さがしっかり噛み合って、なんかものすごく高そうなカメラが出来上がった。

ちなみに、公式ではNONS LENS 50/1.8というM42マウントのレンズが付属していた。後ほど作例を紹介するが、筆者の個体だけなのだろうか、うまく無限遠が出なかったような気がする。

作例

NONS LENS 50/1.8

ファーストショット。

入手当日はあいにくの空模様な新宿。プライベートアイがこの街には存在する(と筆者は信じている)ので、比較的安全な環境のもと、撮影を慣行。さっそく都庁を撮影。このカメラは露出計が内蔵されており、ダイアルでシャッタースピードを選択のうえ、それに沿った数値で絞りをいじれば適正露出が得られるという(Tv優先、というやつだろうか)。なるほど、なかなか重いので左手はそえるだけ…。

このとき感じたことを羅列すると、①無限遠が出ない、②ファインダーを覗くと意外と暗い、③50mmにしては視認範囲が狭い(出力した写真を見たら範囲外のも写っていた)、の三つ。③は、正直エクステンダーを着けているから多少はしょうがないのかもしれない。ただこれに関しては2、3回撮れば慣れると思う。

では具体的にどれくらい狭いかというと、以下の写真をご覧いただきたい。

赤枠が、筆者が実際に覗いたファインダーからの画角のイメージ。

筆者としては、手前のビルを前ボケ気味にして奥のビルへピントを合わせたかったのだが、結果として周辺の木々も写ってくれた。これに関しては嬉しい誤算で、結果的に鬱蒼と茂る木々からビルが顔を覗かせる、そんな画になってくれた。

フェラーリのマーク。

そのほか、筆者がこの狭さを表現するにあたり、何か適当な例はないかと探した結果、このマークがあったので撮影。実はこの銀の馬のマークをファインダーいっぱいに収めた。すると、これくらい広がる。具体的にどれくらい被写体と離れていたのか、とかいう問いも当然あると思うが、およそ1m程度だったと記憶している。さっきの都庁の写真も、中心の部分からある程度の距離(こればかりは慣れるしかないが)は写るので、そのあたりを意識した構図構想が必要となってくる。

多重露光。
花都庁。

筆者がこのカメラの感想文を書く上で、何より重要視していたのは、多重露光ができるかどうかだった。このカメラは、シャッターチャージをして撮影した後、フィルムを排出しなければいくらでも撮影が可能である。そう、あのカメラと同じように。この多重露光機能、本家本元のほうには多くても二重露光が限度なのだ。考えてみればインスタックスはISO800の高感度フィルムなので、何度も露光しているとどんどん白飛びしそうな勢いではある。実際、後半の都庁の写真は露出をミスって白飛びしている。

Planar 50/1.4

リッスー。
カップルで行きたいお店ナンバーワン。

続いてプラナーの作例。レンズの差、という話をしだすとここでは到底書ききれないので割愛するけれども、今回比較として同じ焦点距離を持つレンズを採用した。合焦部分の解像度は流石プラナー。ここでは、先の屋外の新宿とは違い、店内の照明のみ。とはいえこれはフィルムの性能に助けられている部分が大きい。屋内でもしっかり色を出してくれるのは、インスタックスの高感度ゆえだろうか。また、追記するのであれば、これらの写真は最短撮影距離である45cmで撮影しており、ボケもなだらかになっているところだろうか。

逆光。

最後に逆光。ボディ計測の適正露出で撮影したが、流石に光源をいれると盛大にフレアが出た。ただ、それ以外の部分に関しては、それなりに色も出てはいるので、ある程度なら逆光も、もしくは半逆光であれば大丈夫なのだろうか。興味は尽きない。

LC-A+ Instant Backとの比較

このカメラを語るうえで、こちらの存在との比較にも触れておきたい。作例についてはこちらからご笑覧いただければ幸いである。いずれも、35㎜用レンズを用いてチェキのフィルムに感光している点においては同様。ただし、自由度であればNONSの方が、レンズ交換ができる分圧倒的に高い。

ではLC-A+の方は使わなくなるか、といえばそれこそNONだ。

実はこのNONS SL42、写真ではあまり伝わらないのが残念だが、持った感じ相当重いしデカい。ましてレンズが詰まった筒をマウントアダプターでエクステンダーとともにくっつけるので、デジタル一眼レフ並みの大きさ・重さとなるわけだ。つまり、お手軽に撮りたいときは間違いなくLC-A+を採用するべきだろうと考える。

ただし、以前紹介した通り、LC-A+の方はほぼ全部ケラレているので、最終的なアウトプットをこだわる場合や一眼レフカメラのサブ機としてNONSを携行するのは、賢い選択と言えようか。

あとは各人の肩と腰にもぜひヒアリングをしてみると良い。

入手例

現在も絶賛公式HPやクラウドファンディングサイトにて購入が可能。個人的には、フルセット揃っているものを購入したほうが、心理的には相当楽。くどいようだが、あれがない、これがない、あれをするにはこれも買わなきゃ、となるよりは、一気にまとめて購入したほうが楽。

筆者は縁あってこちらのセットを難なく入手できたが、やはりクラウドファンディングはなかなか投機的な面も強調されており、日本ではまだまだ根付かない金融形態と言えるだろう。アイディアとか、純粋なモノとしては面白いんだけどなぁ…。

おわりに

今回は、これから更に盛り上がる余地を残している、フィルム業界に対する一石を投じているであろうレンズ交換式チェキを紹介した。スラムダンクに例えるなら、桜木花道みたいな可能性しか秘めてない、そんなカメラ。

知名度はネットや各種SNSを通じて、徐々に盛り上がってきているように思う。事実、某SNSにおいてはこのカメラのワークショップが開かれていたり、さらにはこのカメラの後継であるSL660というスクエア判を用いるカメラのクラウドファンディングも開始し、順次発送中だったりと、チェキによる撮影の幅をどんどん広げていっているような気がする。

冒頭に申し上げたように、ネガフィルム、デジタルとはまた違った表現であるチェキは、あえてアナログ回帰路線をたどろうとする人たちにとっては切っても切れないアイテムだろうと思う。そしてそのような方々はおそらく色んなレンズを持っているはずで、その人たちの「資産」を有効活用できる、またとない機材が、このNONS SL42というわけだ。

ではいつまでこのフィルムブームが続くのだろう、とふと考えるときがある。そんなときは、安西先生のあの言葉を思い出す。

最後まで… 希望をすてちゃいかん

あきらめたらそこで試合終了だよ

(「世界が終わるまでは」サビ)

安西先生… カメラがしたいです…

ご意見・ご感想等あれば、是非筆者まで…。

カメラはあなたを自由にする。

どうかよいカメラライフでありますように。

この沼に住む人
青狐

レンズ沼、カメラ沼に誘い込む狐。フィルムで多重露光大好き。ピンボケ、露出オーバー・アンダーなんでもござれ。

青狐をフォローする
執筆者:青狐
ーーーーーーーーーーーーーー

普段はこちらのオープンチャット(Lineが提供している匿名のグループチャットサービス)でオールドレンズやフィルムカメラの話をしています。カメラ沼な話から古いカメラの質問など初心者の方も歓迎しておりますので、どうぞ下のリンクかQRコードから参加してみて下さい。

オープンチャットへのQRコード

オープンチャット「フィルムカメラ・オールドレンズが好きな人達

ーーーーーーーーーーーーーー

カメヌマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました