遠くへ行きたい その4-アメリカ編②-

執筆者:青狐

――ハクナ・マタタ!

はじめに

旅行がしたい。

前回の3つの出来事!

1つ 風間俊介氏に触発され、フロリダディズニーへ急遽旅立つことに!

2つ 長い旅を終えたら、めっちゃ暑いフロリダに到着!

3つ 近未来都市「エプコット」の冒険終了!

場所および経緯

前回と同じなので割愛。

今回は熱帯雨林をイメージしたエリア、アニマルキングダムを攻略する回。

エプコット探索後、早速シャワーに入って就寝…と思いきや、時差ボケにより午前2時に起床。しょうがないので、今更ガイドブックを開いた。どうやら色々な乗り物、エリアがあるらしい。

しかも、動物園までついているとは。

今度こそ、日本からはるばる持ってきた望遠レンズが火を噴く日だ。そう心に誓って、ようやくまどろんできたところで午前6時。

靴を履いて、冒険に出よう。

アクセス

まずはいつも通り、ホテルの前からバスに乗る。

バス停。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
シャトルバス。この日もヒエヒエだった。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

ホテルから15分程度のところにある、広大なジャングルエリア。この日は、確か7時頃到着したはずだが、なぜかすでに大盛況だった。どうやら、後から調べたところによれば、朝食が食べられるコースがあって、その人たちはアーリーエントリーできる、とのことだった。とはいえ我々ホテル組も、アーリーエントリーできることもあり、その人たちに混ざって行った。

熱帯雨林を醸す雰囲気の中、突如として人工物が筆者を出迎えた。

アニマルキングダム。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

使用機材

この旅ではK-1 MkⅡ+DFA24-70とDFA★70-200 を担いでいったが、前の日は結局、標準ズームしか使う機会がなかったので、うたた寝前のところでようやく機会を見いだせた時はよかった。

記録

パンドラエリア:アバター

ジャングルの奥の建造物に朝日が強く当たっている。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
この日も快晴だった。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
とあるアトラクションのための長蛇の列。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

朝食組と別れてから、群衆は大きな流れを生んでいた。これは、筆者が前日から計画していた、「早朝大作戦」と全く同じ動きをしている。

この作戦とは、「きっと時間も金にも裕福なアメリカの方々は、筆者のような素早い行動はしないだろう」という計画のもと、大人気アトラクションであるアバターのライドに通常のエントランスから乗り、昼過ぎにFPでもう一回乗ろうという作戦である。

早朝大作戦よりも早く動く人たちがこんなにいたとは誤算だった。ただ幸運だったのが、写真に写っているのは筆者よりも後ろに並ぶ方々。やはり大和魂を見せつけられたのだろうか。まあいいや。

スタンバイはこんな感じで映画に沿っている。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
映画に出てくるロボット。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

ライド自体は、ゴーグルをつけてバイクのようなものに跨り、ぐるぐる変わる映像を楽しむものだった。合言葉は「シバコー!」。これだけ押さえておけばもうアバター。

アフリカエリア

景観に合わせたスタバ。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
アフリカゾーン。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
アフリカの感じ。行ったことないけど。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

最初のアバターエリアを抜けると、次はアフリカエリア。アフリカの街並みを再現したとされるこのエリアに来たのは、どうやらここでは動物に逢えるとのことで、筆者のスターレンズの威力を試す絶好の機会だった。

キリマンジャロ・サファリ

初動物。若干ブレ。(K-1 MkⅡ、DFA70-200mm)
車道にキリンさんが群れを成す。(K-1 MkⅡ、DFA70-200mm)

2番目に見えているような、車(シンバ1(ワン)号!)に乗りながら撮影する。当然ガタゴト揺れるので、相当シャッタースピードは速くないといけないし、何より手持ちにより安定的な撮影はできない。環境に不満を言うのは三流。こういうところでも、一生懸命撮るのが大事なのだ、と奮起した。

結果は…まあいいじゃないの。

キリンさんアップ。(K-1 MkⅡ、DFA70-200mm)
こどものキリンさん。(K-1 MkⅡ、DFA70-200mm)
ゾウさん(K-1 MkⅡ、DFA70-200mm)
フラミンゴさん。ピントが行方不明。(K-1 MkⅡ、DFA70-200mm)
サイさん。(K-1 MkⅡ、DFA70-200mm)

以下オマケ。

シンバ。
プンバ。正しくはプンバァ。

後半はもうレンズ、カメラが重いので、眺めるだけの時間があった。念のため記しておくと、この日も朝から32度ぐらいだったのを記憶している。つまり朝っぱらからクソ暑い…失敬、とても暑い日だった。

ディスカバリー・アイランド

ペンタックスの限界を超え、滅茶苦茶動体+連写した後、パーク中央のディスカバリー・アイランドへ侵入。

アフリカの街並み。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
ディスカバリー・アイランドへ進む道。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
ドナルドのダイノバッシュ!(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
ピザファリのピザ。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

時間的にも人が賑わってきた。そうすると当然次は腹が減る。そのため、どうしても行きたい店であった、ピザファリ(Pizzafari、当然ピザ+サファリを悪魔合体した言葉だろう)という店でピザを食べたかった。見た通り、すごく小さいピザだった。筆者の手のひらくらいで、ちょっと残念だな…と思ったが、実はこれ、結構分厚いのである。余談だが、アメリカンピザは生地が分厚いのでものすごくお腹にたまる。筆者の行動食にはぴったりだった。

ツリーオブ・ライフ(生命の木)。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
ちょっと引きの画。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

よく見ると、木の幹に動物の顔が写っている。まさしく生命の木、とはよく言ったものだ。

この木の回りには観光客がたくさんいて、なんとか撮ったのを覚えている。そのまま数枚撮って、次にお待ちかねのグリーティングに行くことにした。

サファリルックの二人がかわいすぎてもう…(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
あら^~(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

室内での高感度もばっちり写せるK-1 MkⅡは本当に良い相棒だ。ちょっと重いけどね…。

アジアエリア

アジアエリアのエントランス。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
ヒマラヤ山脈のようなもの。あれはジェットコースター。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

このヒマラヤ山脈のジェットコースター、エクスペディション・エベレストはFPがないと120分待ちだった。筆者はFPを使っても40分待った。それくらい、超人気ライドだった。ネタバレはよくテレビで放映しているので多分大丈夫だと思うが、途中から筆者は変な声が出た。

も一回乗る? …うーん、乗ろうかな!って感じ。

チプデ着ぐるみ。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
デイジー様!(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
可愛すぎてもうね…。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

彼らはアジアエリアをうろついていたら突然出てきた。なのですぐに撮影。ポーズもバッチリ決めてくれた。ちなみに、向こうではキャラクターたちにサインもお願いできる。筆者は全員分のサインを貰えた。両親へのお土産である。

フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング

午後の暑い時間を外で探索するのは危険と判断。そのため、どこかに入ってやり過ごそうと考えていた矢先、またまた人の流れが変わった。どうやら、ライオン・キングのショーが始まるらしかった。ちょうど、屋内での上映とのことでまさにぴったりな内容だった。予定にはなかったが、急ぐ旅ではないからね、と言い聞かせて入場。なんとタイミングよく、最前列で見ることができた。

人数を四方に固める。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
シンバとその相方役。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
民族系ダンス。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
ティモン!(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
声量がすごい。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
フィナーレ。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

このショーは、所謂雑技団的な、サーカスがライオン・キングの内容に即した形での演出に沿って行われていた。色とりどりの衣装に身を包んだパフォーマーは一見の価値あり。くどいようだが、室内撮影がこんなに多くなるとは思わなかった。ハクナ・マタタ!のコールが途中で起こったのも本当にアメリカって感じで好きだった。

なんかかわいいので収めた一枚。

この後は、結局40度近くなって、これ以上は危険と判断し、午後3時頃にはホテルへと帰った。結局前日ほとんど寝てないので、この日はそうそうに退散。この潔さが、のちの最高の瞬間へとつながっていたのだろう、と今となっては思う。

おわりに

今回は、アニマルキングダムでの一部をお見せした。

カメラの話になるが、K-1MkⅡは、動体は弱いけど室内、それからネイチャーフォトは強いんじゃなかろうか。望遠レンズの性能に助けられた部分も当然あると思う。

今回は以上!

次回は4日目、マジックキングダム回。

ご意見・ご感想等あれば、是非筆者まで…。

画を写さんと欲すれば、まず旅をせよ。

どうかよいカメラライフでありますように。

この沼に住む人
青狐

レンズ沼、カメラ沼に誘い込む狐。フィルムで多重露光大好き。ピンボケ、露出オーバー・アンダーなんでもござれ。

青狐をフォローする
執筆者:青狐
ーーーーーーーーーーーーーー

普段はこちらのオープンチャット(Lineが提供している匿名のグループチャットサービス)でオールドレンズやフィルムカメラの話をしています。カメラ沼な話から古いカメラの質問など初心者の方も歓迎しておりますので、どうぞ下のリンクかQRコードから参加してみて下さい。

オープンチャットへのQRコード

オープンチャット「フィルムカメラ・オールドレンズが好きな人達

ーーーーーーーーーーーーーー

カメヌマ

コメント

  1. […] 遠くへ行きたい その4-アメリカ編②- […]

タイトルとURLをコピーしました