遠くへ行きたい その5-アメリカ編③-

執筆者:青狐

――Happily ever After!

はじめに

旅行がしたい。

前回の3つの出来事!

1つ 3日目はジャングルをモチーフにしたアニマルキングダム!

2つ ペンタックスの誇るスターレンズで動物を激写!

3つ ハクナ・マタタ!

場所および経緯

今回は本家本元、マジックキングダム攻略回。

前回のアニマルキングダム探索は、夕方の早い時間で切り上げた。そのため、夜にしっかり翌日の予習をしておこうと思った。

注目は日本未進出の白雪姫のジェットコースター、そしてスペースマウンテン…。

なぜか乗り物に関する情報が頭に入ってこない。それより、ショーのスタート時間とか場所がとても気になった。なるほど、ここではまとめて写真が撮れるのか…。そんなことをやっていたら、どうやらここも毎朝ウェルカムショーをやるらしいとの情報が目に入った。しかも、限定衣装で行うらしい。いっそのこと、装備はもう望遠のみでいいんじゃあないか?いやいや、標準もいるでしょうよ、近接のグリーティングとか…。こんなことをホテルの部屋で延々考えていた。

よぉし、また明日早起きしなきゃな。

そんなことを考えて、夜8時には就寝した。

アクセス

まずはいつも通り、ホテルの前からバスに乗る。

バス停。もうすっかり慣れたものだ。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
早朝のゲートは閑散としている。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

ホテル20分程度のところにあるエリア。この日は、7時30分頃到着し、朝食組を横目に見ながら、エントランスに一番乗り。

ガチ勢(笑)にしか撮れない景色。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

そして開門と同時に、どこか懐かしい景色がそこにあった。

いつもの。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
創設者と立役者。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

使用機材

この日もK-1 MkⅡ+DFA24-70とDFA★70-200 を担いでいった。

今日はパレード、ショーをメインに撮ることを主眼に置いているので、この日は望遠多め。実はよく見ると手振れしていたり、露出がきついものもあったりしたりで、今回掲載できる写真は少な目。予めご了承ください…。

記録

レット・ザ・マジック・ビギン

特別衣装に身を包んだミニーさん。 (K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
こちらに向かってポーズをくれた。好き。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

開園後、すぐに始まるこのショー、レット・ザ・マジック・ビギンは、たった5分間しか行われなかった。しかし、最初はミッキーとミニーだけだったのが、あれよあれよと色んなディズニープリンセスが出てきた。筆者はこのときなぜか標準ズームのままで挑んでしまい、泣く泣く70mmでずっと撮っていた。だが、ミニーの目線がこちらに向いたのでオールOK。

心の中で変な声を出しながら連写した興奮冷めやらぬまま、まずはグリーティングへ。

綺麗な衣装だぁ…(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
うーむ、かわいい…(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
バルーン越しのショット。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

HDDを見返したが、なぜかスタンバイの写真がなかった。おそらく、ずーっと中のスタンバイの仕掛けをぼんやり眺め続けていたのと、このフロリダディズニーではフォトパスというサービスがあり、要するにパーク各地にいる専門のカメラマンにリストバンドを提示するだけで、記念撮影をしてくれるサービスがあるのだが、そちらの方で撮ってもらっていたようだ。ちなみに機材は、Nikon D5500だった。筆者の愛機は驚かれた。皆一様に、まさかディズニーにペンタックスで来るとは…!みたいな驚いた表情はマジで忘れない。

筆者はペンタキシアンなのだ。

昼のパレード

正式名称をムーブ・イット!シェイク・イット!ダンス&プレイ・イット!ストリートパーティというが、長いので昼のパレードとする。これは、訪れた人たち全員で行う参加型のパレードで、みんな一様に踊っていた。

筆者はというと、早めに昼ごはんを済ませ、朝の失敗を繰り返すまいと開始30分前から炎天下の中場所取りをしていた。意外と、先のフォトパスサービスのおかげか、現地の方のパレードガチ勢はいない。というより、あ、この人ガチ勢だな、と思った人たちは、持っているパンフレットとか装備を見るとみな日本からの人のようで、キヤノンやニコンのバズーカを構えていた。筆者は独りペンタックスでの参戦であり、ペンタキシアン魂に火が付いた。

開始当初は曇り。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm))
一流のエンターテイナーやでぇ…(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
ハハッ(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
ペアルックが可愛い。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
ミッキーがこちらを見てくれた。好き。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)

この写真の通り、向こうのミッキー、ミニー他主要メンバーの顔は動くのだ。それはもうものすごくナチュラルに動くので、「え、日本とちゃうやん!すごい!」と興奮し、連写しまくった挙句、バッファーのせいでベストショットの瞬間を何度か逃してしまった。でも筆者はペンタキシアンなのでこのまま使い続ける。

雲が晴れた。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
パレードは佳境へ。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
ミニーのポーズがあざとかわいい。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
二人は幸せなキスをして終了。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)

晴れてからはもう大変だった。先の通り、参加型のパレードなので、筆者の回りのお客さんが躍り始める。筆者は、楽しいことがあるとそっちに流されやすいタイプなので、一緒になって踊っていた。しかも真夏の炎天下の中、汗だくになりながら重たいバズーカを首から下げ、リズムと一体となっていた。ふと視界に入ったガチ勢の方々は微動だにしていなかったが、筆者はこのフロリダの太陽に炙られるほうが楽しいと思ってしまった。ペンタキシアンであると同時に、ディズニーが好きな人間なのだ。

終わった後、ふと冷静になりカメラを確認する。本体、レンズ、ストラップともに無事だ。よかった…となった束の間、筆者は急に目眩を感じる。これはまずい…。

ビー・アワー・ゲスト・レストラン

炎天下の中、狂喜乱舞した結果脱水症状を起こしかけた。これは危険と判断し(すでに何回かあるなあ)、予約していた美女と野獣をモチーフにしたレストランへ駆け込む。

豪華そうな椅子。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
ホールは広々としていて、天井も高い。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
クレームブリュレ。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

建物に入ると、涼しい風が体を包んだ。ちょっとした体育館のような広さのホールにテーブルが所せましと並んでおり、無作為に一つを選ぶ。ここはジュースが飲み放題だったので、火照った体にコカ・コーラを流し込む。コーラの清涼さが全身に染み渡った。急激に冷えたのと、薄暗い照明のおかげで眠たくなるところをぐっと抑え、クレームブリュレを選択。やはり想像していた通り甘かったが、イチゴがアクセントで酸っぱくて美味しかった。

高感度の3200で撮っているが、やはりざらつきがない。この辺はもう信頼しているので今更驚くことではないが、屋内、もっと言えば薄暗いところでもしっかり描写できるのは、筆者のようなインドアも好きな人間からすれば大変ありがたい。

ミッキーのロイヤル・フレンドシップ・フェアー

いくつか日本にもあるライドに乗って、一通り満足した後、また開始30分前にはシンデレラ城の前にスタンバイ。今回も最前列。このショーは、ミッキー、ミニー達が旅の中で出会った人々をパーティに招待する、というストーリー。昼下がりの時間帯で、いい感じに曇っていたので、そこまで待つのも苦ではなかった。

民族衣装に身を包んだミニー。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
ミッキーの衣装も素敵(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
グーフィ!(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
目が半開きのオラフ。つい声優ネタでいじってしまう。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
二人はいつ撮っても画になるなあとか思ってしまう。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
少しも寒くないわ。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)

この通り、エルサの人の完成度がガチすぎて言葉を失った。公式って強い(小並感)。

夜のプロジェクションマッピング

ワンス・アポン・ア・タイムとハッピリー・エバー・アフターの二本同時上映。前者は直訳すると、「昔むかし」、つまり物語の初めに語られるフレーズで、後者は直訳すると「いつまでも幸せに」、意訳すると、「それからいつまでも幸せに暮らしましたとさ」的な、物語を締めくくるときの言葉。先のキャッスルショーを観た後、また園内をグルグルしていた。このショーは絶対に見たい、そう考えて開始40分前にはシンデレラ城の前に向かっていたが、こればかりは現地の方も大勢いて、だいぶ後ろの方だった記憶がある。とはいえ、望遠を覗いたら画角が狭すぎたので、標準ズームに切り替えたところ、全体が写るようになり結果的にはポジショニングは大成功だった。

プロジェクションマッピング。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
花火。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
次から次へと火の手が。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
クライマックス。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
ひときわ大きい花火でフィニッシュ。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

プロジェクションマッピングによりディズニー映画の名場面が花火の演出とともに映し出される光景は日本では見られない。特に歓声が上がったのは、トイストーリーの場面。筆者も周囲に溶け込む形で拍手喝采。

個人的にはとても好きな写真。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
誰だって帰りたくない(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
名残惜しい。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

最後のはパークから出たくない気持ちで、振り返って撮った写真。筆者よりも帰りたくないと思ってくれている世界中の来園者を収めた一枚。

おわりに

今回は、マジックキングダムの回。

夢の国成分はちょっと薄めにした。じゃないと、このブログの本筋から離れてしまうし…という懸念。あくまでも、フロリダディズニーをペンタックスで巡ったというのが重要で、できるだけペンタキシアンが増えればいいな…というのはさておき、コロナ環境で思うように身動きが取れない昨今、郷愁の思いを込めて拙稿をしたためた。

意外にスターレンズ、キャスト撮るのに向いてるなあ…。

今回は以上!

次回は最終日の5日目、ハリウッドスタジオ回。

ご意見・ご感想等あれば、是非筆者まで…。

画を写さんと欲すれば、まず旅をせよ。

どうかよいカメラライフでありますように。

この沼に住む人
青狐

レンズ沼、カメラ沼に誘い込む狐。フィルムで多重露光大好き。ピンボケ、露出オーバー・アンダーなんでもござれ。

青狐をフォローする
執筆者:青狐
ーーーーーーーーーーーーーー

普段はこちらのオープンチャット(Lineが提供している匿名のグループチャットサービス)でオールドレンズやフィルムカメラの話をしています。カメラ沼な話から古いカメラの質問など初心者の方も歓迎しておりますので、どうぞ下のリンクかQRコードから参加してみて下さい。

オープンチャットへのQRコード

オープンチャット「フィルムカメラ・オールドレンズが好きな人達

ーーーーーーーーーーーーーー

カメヌマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました