遠くへ行きたい その6-アメリカ編④-

執筆者:青狐

――無限の彼方へ! さあ行くぞ!

はじめに

旅行がしたい。

前回の3つの出来事!

1つ 本家本元のマジックキングダム攻略!

2つ 炎天下の中、特別衣装に身を包んだミッキー達を激写!

3つ 花火ドッカーン!プロジェクションマッピングドドーン!

場所および経緯

今回は最終日のハリウッドスタジオ回。

前回のマジックキングダムは、それはもうTDLによく似たエリアであり、すごく回りやすかった。特に、日本との差異を比べるだけで、多分もう一日費やせるくらいには充実している。とはいえ最近(といってももう1年くらいか)、TDLも美女と野獣先輩エリアができたので、コロナ禍になってから行ってない、という人も楽しめるはずだ。

ここのエリアは、文字通りハリウッドをイメージしたエリアであり、特に有名なのがトイ・ストーリーランド。コンセプト的には、アンディの家の裏庭をイメージしたとのことで、非常に楽しめた。とはいえ、そもそも裏庭って本家描写あったっけ…?というのは野暮。

前回の夜景撮影後、ホテルに着いたのは22時過ぎであり、もうシャワーを浴びてそのままベッドで寝てしまった。予習は一切なし。

アクセス

いつも通り、ホテルの前からバスに乗る。

バス停。なんだかんだこれが最後。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

ホテル20分程度のところにあるエリア。この日は、7時頃到着。これでもだいぶ早いんじゃあないかな…?と思ったが、この日に限っては、たしか独立記念日前だったので滅茶苦茶人がいた。ホテル組である筆者は惨敗であるが、まあ楽しめればオールオッケー。

エントランス。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

ハリウッドスタジオはエントランスからなんだか80s風な雰囲気。

入口のモニュメント。快晴なので青が深い。 (K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
朝焼けアベニュー。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

使用機材

この日もK-1 MkⅡ+DFA24-70とDFA★70-200 を担いでいった。

この日はもう体力的に限界で、ほぼ標準ズーム。途中の屋外型シアターでの撮影くらいでしか望遠は使わなかった記憶。

連日、長時間真夏の日差しに耐えたペンタックスは、やはり過酷な環境でのフォトグラファーをサポートするってえのは本当だったらしい。結局なんの誤作動もなく、最後まで戦い抜いてくれた。

記録

トイ・ストーリーランド

さて、筆者は開園と同時にダッシュした。なぜか?それは、ここでの目玉であるトイ・ストーリーランドに一目散へ駆けていく必要があったからだ。しかし、すでに先駆者が何百人も前にいたので、安全に競歩のスピードでごぼう抜き。まずはFPなしで、スリンキードッグ・ダッシュに並ぶことにした。

スリンキードッグ・ダッシュスタンバイ。 (K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
ホントおもちゃの箱っぽい。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
Slinky Dog(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
おそらくアンディが書いたのかなぁ(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
実はスリンキーは傾いている(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
3、4を見た今だとつらい(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

このスリンキーのジェットコースターは超人気で、筆者が朝一で並んでようやく40分待ち。まあスタンバイも相当楽しめたので全然苦じゃあなかった。ネタバレだが、このスリンキーがバネであることを十分に活かしたギミックも盛りだくさんで、結局FPも使い2回乗ったが足りなかった。それくらい満足度が高い。

興奮冷めやらぬまま、その足でトイマニも乗ったが、なんと通常スタンバイで10分待ち!本場アメリカではスリンキー一強らしかった。内容は日本のものと同一で、裏技も同様だった。言葉だけが英語なので、日本のもので高得点出せればフロリダ版でも余裕。

さて、そのまま駆け抜けてしまったトイ・ストーリーランドの撮影を慣行。

例のボール。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
うーむ、かわいい…(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
ジェシーのキャラクターがよく出ている。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
夏の入道雲が気になった。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
入口の保安官。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
自分をスペースレンジャーと思い込んでいるおもちゃ。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
自分をおもちゃだと思っている保安官のおもちゃ。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

どうやらここ以外だとアジアのディスニーランドにもトイストーリーエリアがあるらしいが、ここが一番広いらしい。個人的にはウッディがでっかく待っていてくれたのが感慨深い。だって小さい頃からずっと見てきたんだもんなぁ…とちょっと涙腺弱くなっていた。ファインダー越しに見るウッディがよく見えなかったが、よく撮れていてよかった。

美女と野獣のミュージカル

お昼を済ませ、次は予約していた美女と野獣のミュージカルを鑑賞。ここでは、席はど真ん中だったが、前と後ろのちょうど中間あたりだった。そのためスターレンズでバッチリ写すことができた。

ショーエリアへ。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
ベル役の方。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
ガストンとベル。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
野獣先輩。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
ガストン。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
復活のシーン。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)
最後のシーン。(K-1 MkⅡ、DFA★70-200mm)

前日もビー・アワー・ゲスト・レストランで美女と野獣成分をたっぷり吸収していたので、今日も接種できてよかったなぁと思いながら連写。ステージ上のキャストの皆様をスターレンズはしっかり写せていたので良かった。

余談だが、個人的にはこの美女と野獣の話が少し怖い。元々好き勝手やってきた野獣先輩が文字通り野獣になり、従者も家財に変えられて、ある意味自分たちが戻るためにフランスの(当時の価値観からすれば)ちょっと不思議ちゃん気味の女の子をひたすらもてなし、懐柔する…と見てしまうと結構なホラーだったりする。もちろん、最後は愛の力でハッピーエンドなので文句はないが、子供ながらにそう思ってしまっていた。のちに調べてみると、こうした未成年者略取、監禁等により被害者と加害者が長時間一緒にいることで、被害者が加害者側に同情的になってしまうのはストックホルム症候群というらしい。当然、実写版主演のエマ・ワトソン氏はこの見解について否定。あくまでも自立した判断のもと、野獣邸に残る選択をした、とのこと。

まあディズニーだし、いっか!

キャラクターグリーティング

連日の探索で残念ながら疲れ切ってしまったので、最終日は突発的なキャラグリおよび並ぶパターンのキャラグリを中心に撮影。

野生のドナちゃんホントかわいい…(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
デイジーもすき(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
舞っているのは粉雪?それとも…(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
チプデ。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
ハリウッド風ミニーの衣装。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
魔法使いの弟子バージョン。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
魔法をかけてくれた。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)
ストームトルーパー!(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

<おわりに>

今回は、最終日のハリウッドスタジオの回。

え?ファンタズミック!がないって?

再走の理由。(K-1 MkⅡ、DFA24-70mm)

…本当に残念ながら、真夏の大雨により夜の公演が泣く泣くストップ。筆者も開始から3時間程度、世界中のファンとずっと待機していたのだが…。しかし、これでまた行く理由ができたというもの。いつだって前向きなのだ。

いかがだっただろうか。

連日の更新により、喧しくしてしまったが、皆様の旅情を掻き立てられたのなら幸甚である。

これにてアメリカ編は終了である。

振り返ってみれば、やはりペンタックスは世界でも通用するんじゃあないのかと錯覚してしまうほど、いい発色もしていたと思うし、何より屋内での高感度撮影にも耐えうる、素晴らしい機種であることを改めて確認できた。

ご意見・ご感想等あれば、是非筆者まで…。

画を写さんと欲すれば、まず旅をせよ。

どうかよいカメラライフでありますように。

この沼に住む人
青狐

レンズ沼、カメラ沼に誘い込む狐。フィルムで多重露光大好き。ピンボケ、露出オーバー・アンダーなんでもござれ。

青狐をフォローする
執筆者:青狐
ーーーーーーーーーーーーーー

普段はこちらのオープンチャット(Lineが提供している匿名のグループチャットサービス)でオールドレンズやフィルムカメラの話をしています。カメラ沼な話から古いカメラの質問など初心者の方も歓迎しておりますので、どうぞ下のリンクかQRコードから参加してみて下さい。

オープンチャットへのQRコード

オープンチャット「フィルムカメラ・オールドレンズが好きな人達

ーーーーーーーーーーーーーー

カメヌマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました