ミノルタの蛇腹カメラレンズ(Promar 75mm F3.5)を中判デジタルカメラで使ってみた

執筆者:うた

 ミノルタの蛇腹カメラに搭載されているレンズPromar 75mm f3.5を中判デジタル機で使ってみました。

 今回はセミミノルタのジャンクを入手しましたので、レンズを取り外して、なんとかデジタル機に付けれるようにしたわけです。

 デジタル機はHasselbladのX1D iiです。富士フイルムのGFXシリーズと同様にセンサーは44×33センサーになるので、フルサイズより若干、レンズのイメージサークルを生かして撮影できます。

 見た目としてはこんな感じです。

Promar 75mm F3.5実写

 さっそく実写です。

Promar sII 75mm F3.5, Hasselblad X1Dii

 こちらのレンズは75mm F3.5と蛇腹カメラとしては良くあるスペックになっています。レンズ構成としても3群4枚のテッサー型のようで、これも良く見るやつですね。

Promar sII 75mm F3.5, Hasselblad X1Dii
Promar sII 75mm F3.5, Hasselblad X1Dii

遠景だと絞っても解像感が不足している感じがありますが、等倍で見なければそんなに気にならないレベルですね。むしろ中距離から近距離が良く写るようです。なかなかの解像を見せてくれます。

Promar sII 75mm F3.5, Hasselblad X1Dii
Promar sII 75mm F3.5, Hasselblad X1Dii

 発色はかなりいい感じです。モノクロフィルム時代のレンズかなと思いきや、結構やるやつでした。

 あとレンズのどこにも書いてないですが、どうやら製作はあのPentaxの旭光学によるようです。旭光学も蛇腹用にレンズを供給していたのですね。

Promar sII 75mm F3.5, Hasselblad X1Dii
Promar sII 75mm F3.5, Hasselblad X1Dii

 逆光には弱いですね。盛大にフレアとゴーストが出てしまっています。嫌いではないですが。

Promar sII 75mm F3.5, Hasselblad X1Dii
Promar sII 75mm F3.5, Hasselblad X1Dii

終わりに

 かなり古いレンズですが、なかなかに健闘してくれました。特に発色がとても良かったと言えます。モノクロフィルムの時代かと思いきや、カラーでも使っていけるレンズです。旭光学の実力が出ているのでしょうか。

この沼に住む人
うた

カメラはデジタルからフィルムまでなんでもOK。
最近では中判デジタル機にフルサイズレンズ付けて遊んだり、軽さは正義と3Dプリンター製シノゴとバイテンを使ってます。

うたをフォローする
執筆者:うた
ーーーーーーーーーーーーーー

普段はこちらのオープンチャット(Lineが提供している匿名のグループチャットサービス)でオールドレンズやフィルムカメラの話をしています。カメラ沼な話から古いカメラの質問など初心者の方も歓迎しておりますので、どうぞ下のリンクかQRコードから参加してみて下さい。

オープンチャットへのQRコード

オープンチャット「フィルムカメラ・オールドレンズが好きな人達

ーーーーーーーーーーーーーー

カメヌマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました