Super Multi Coated Takumar 200mm F4の実力: ジャンク箱の住人は人気オールドレンズの夢を見るか

執筆者:うた

 今回はタクマーの200mm F4を使ってみました。オールドレンズでは知名度の高いタクマーシリーズですが、悲しきかなこの200mm F4はほとんど話題のなることの無いレンズですね。しかし、写りはどのうなものでしょうか?

Super Multi Coated Takumar 200mm F4

 タクマーと言えばオールドレンズをよく知らない人でも聞いたことある言葉かなっと思いますが、実はその種類は膨大だったりします。55mm F1.8や50mm F1.4あたりは確固たる地位を築いていますが、実はその影に埋もれて見向きもされないレンズもあるのです。

 このTakumarシリーズの200mm F4(ニーヨン)は、そのスペックの微妙さもあり、全く見向きもされていないレンズの一つだと思います。タクマーに限らずニーヨンは中古カメラ店ではだいたいの場合、ジャンク箱やジャンク棚で見つけられるのではないでしょうか。

 人気のある50mm F1.8や50mm F1.4に比べて、可哀想な境遇にある200mm F4ですが、さて写りはどうなのでしょうか?そんなに悪いのでしょうか?今回はそのあたりを見てみました。

作例

 タクマーにも色々とありますが、このニーヨンはSuper Multi Coated銘のモデルになります。

Super Multi Coated Takumar 200mm F4, Kodak Gold200
Super Multi Coated Takumar 200mm F4, Kodak Ultramax400

 さすがのボケです!パッとしないスペックかと思いましたが、たっぷりボケているしボケがとてもやわらかい。ここまでやわらかいボケはなかなか無いですよ。

Super Multi Coated Takumar 200mm F4, Kodak Ultramax400
Super Multi Coated Takumar 200mm F4, Sigma fp

 そして、発色が素晴らしい。コーティングがしっかりしているからでしょうか。タクマーのニーヨンがこんなにいい色出してくれるなんて初めて知りました。

Super Multi Coated Takumar 200mm F4, Sigma fp

 最短撮影距離が2.5mなので、全然寄れないです・・・そこは少し残念。

Super Multi Coated Takumar 200mm F4, Sigma fp

 200mmの単焦点でズームと違って他に潰しが効かないので、自由になんでも撮れるというわけにはいきませんが、ハマった時に得られる絵はすごいです。

Super Multi Coated Takumar 200mm F4, Sigma fp

 最後に200mmの圧縮効果をどうぞ

Super Multi Coated Takumar 200mm F4, Sigma fp

 望遠持つと意味もなく、こうゆうのが撮りたくなってしまう・・・、そして、ピント面が薄いですね。無限遠に合わせたのですが、手前側はボケつつあります。

終わりに

 どう考えてもジャンク箱の住人と化しているレンズとは思えない描写を見せてくれるレンズでした。発色が良くて、ボケがやわらかいときたら、もう人気オールドレンズだとしても全く問題ないですよこれは。まぁちょっと200mmという固定の画角が撮るのに覚悟が必要なのですが笑。この描写がほとんど捨て値のような価格で手に入るので、コストパフォーマンス的にはかなり強いです。いや〜すごい実力を秘めたレンズでした。

この沼に住む人
うた

カメラはデジタルからフィルムまでなんでもOK。
最近では中判デジタル機にフルサイズレンズ付けて遊んだり、軽さは正義と3Dプリンター製シノゴとバイテンを使ってます。

うたをフォローする
執筆者:うた
ーーーーーーーーーーーーーー

普段はこちらのオープンチャット(Lineが提供している匿名のグループチャットサービス)でオールドレンズやフィルムカメラの話をしています。カメラ沼な話から古いカメラの質問など初心者の方も歓迎しておりますので、どうぞ下のリンクかQRコードから参加してみて下さい。

オープンチャットへのQRコード

オープンチャット「フィルムカメラ・オールドレンズが好きな人達

ーーーーーーーーーーーーーー

カメヌマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました